申し訳ございません。
ブログも占いもお休みがちでした。

お休みの理由として、今月に入って手術をしました。
場所は鼻。
春になると酷い花粉症に悩まされていたのですが、ここ数年花粉の時期でなくともグズグズが続いたり息苦しかったり…。
そんな折に同じく鼻に不快を感じていた妹が、副鼻腔炎の診断を医師にされたので私も慌てて病院に駆け込んだところ鼻の中の粘膜がパンパンに腫れ上がっていてる始末。

息苦しい理由が分かれば、こっちのもの。
「もう、キレイサッパリ取り除いてください!」
とお願いし、2ヶ月後に手術日が設定されました。
「全身麻酔だし、手術自体も1時間かからないで終わるって言うし♪〜(´ε` )大したことナイナイ」
そんな感じで、調子に乗って手術日まで過ごしておりました。

当日、手術台にあがり心電図、血圧、点滴、酸素マスクなどなど四方八方から沢山の手が伸びてきた時に
「こっ…怖い!!やっぱりヤメたい〜!」
と感じた瞬間にもう意識はなく、意識が戻ってきた時には手術が終わってました。
全身麻酔ってスゴイ…!

今回の手術は
・経鼻腔的翼突管神経切除
・粘膜下下鼻甲介骨切除
で、鼻の中には、右3本・左2本の長い“うどん”の様な太さの7センチ位の綿が止血のために詰められてます。
(ちなみに副鼻腔炎の妹は、右6本、左4本だったそうです。)

手術後はとにかく寒気が酷く、自宅から持参した
モッコモコの靴下↓
とっても役に立ちました。

手術後自宅で療養していたのですが、想像を絶する辛さでした。
鼻に入れた綿を取ってもらえるのは手術から、一週間後。
それまでは、口呼吸。鼻からは、ビタイチ呼吸はできません。
常に溺れているような状態。

術後2日間は鼻血が止まらず、鼻の穴の下に何重にも折ったガーゼをそえてテーピング。
酷い時は30分毎にガーゼを取り替えねばなりませんでしたから、テーピングをしていた頬の部分は皮膚が薄くなりかぶれてしまう始末。
食事も口呼吸なので、お腹は減るけれども食事が大変なので食べる気にならず…。
眠ると2時間に1回は、喉がカラカラで目が覚めてしまう…の繰り返し。

術後3日目には昼間のOL業を復帰しましたが睡眠がほとんど取れておりませんから、これから同じような手術をされる方は、可能であるならば鼻の中の綿を取ってもらってからの社会復帰がおすすめです。
 
鼻の中の綿が取れるまでは、
「手術しなきゃ良かったー(TдT)ぐるじー」
とピーピー何度も悔いましたが、ようやく綿が取れたら
「カ ・ イ ・ カ ・ ン !」(古いですね…。すみません。)
でした。
(…とは言え綿を取る時は、非常に痛く泣きました by 40歳冬)

鼻ってこんなに通るんですね!!
正直まだ傷跡が塞がっていないので完全体ではないそうなのですが、手術前と比べたら格段の差!!
吸い込みが良すぎて、鼻の穴の中が痛いくらいです。

はてさて花粉の時期になったらどうなることやら?

調子もよくなりましたから、来月からモリモリ働く…はず…です。

赤塚不二夫先生生誕80周年記念という事で復活した
「おそ松くん」ならぬ「おそ松さん
六つ子が成長して大人になったお話です。
※東京は月曜日の深夜1時35分に放送されております。

私は平成おそ松くん世代で、確か土曜日の18時前後に放映されていた記憶があります。
当時中学生だった私は、3つ年下の弟が熱心に見ているのを横目に
「子供のアニメだな。」
という印象でした。

んが!今回の「おそ松さん」は深夜帯という事もあってか、大分大人の味付けとなっております。
個人的には、面白く見ております。

六つ子に分かりやすく個性が出ているのが、楽しめます。

松プリントのパーカーが、にゃわいい…!


 

昨晩は、占い館のお休みを頂き日本武道館にて行われるライブに参加してきました。

TATUYA ISHII 30th ANNIVERSARY「ARROWS HEAD

石井竜也さん(米米CLUBのカールスモーキー石井さんという方がピンとくる方もいらっしゃいますでしょうか…?)の30周年ライブです。

27年前に米米CLUBと出会い、あれよあれよと石井さんに夢中になり、中学高校と時間はもちろんの事、お年玉・バイト代は全て米米のツアーやグッズ、コスプレに費やした記憶が蘇ります。

私の夢の大半が
「石井さんといつか一緒にお仕事がしたい!
そのためには、どうしたら良いのだろう?」
という事が起因しており、そのお陰で“素の自分”では出せない力が湧いて臨めた出来事が沢山あります。
もう生きてきた40年の内の27年を占めているのですから、私の人生では本当に無くてはならない存在となっています。
多分、このまま一生応援し続けていることでしょう。

私自身成長の過程で途中他の事に興味を持ち、ファンの気持が薄らいでいた時期もありましたが、やっぱりライブに行くと石井さんを見つけられた幸せ、そして応援できる幸せを噛みしめる事ができます。

たっぷり3時間行われたライブはとってもパワフルで、とっても充実しておりました。
まだまだ青月も叶っていない夢が沢山ありますから、石井さん目指して突っ走って行きたいと思います。

先週末、陽気になれる場所でお馴染みのトゥッカーノへ行ってきました。

要は、お肉をガブガブしたい女子3名が集いシュラスコを食べたという事です。
ビュッフェのサラダをつまんでいると
やってきましたピッカーニャ!!
じっくりローストして脂を落としたお肉ですから、ヒョイパクと食べられるという訳です。
大好物のウインナー(昭和舌青月)も、鳥もジューシィーで美味しゅうございます。
そして何より、大好物のメインは…
焼きパイナップルー!!!!
肉よりも何よりも、私がサーブをおねだりして止まない逸品でございます。
同席していた友人には
『もう、一玉全部くださいって言った方が早いよね!?』
という位、肉よりもパイナップルを食べまくる。

そしてこの顔
ジャンプ放送局のえのんさんと同じオメメ!!
(桃太郎電鉄の「貧乏神」のモデルになった方…といった方が分かりやすいでしょうか?)
シメにビュッフェにあるキャラメルソースがけバニラアイスとチョコレートアイスを頂いて満喫しました。

食べる口も、おしゃべりの口も止まらない楽しいディナーでした。
今回一緒に食事をした友人達は出逢ってから20年以上経ちますが、いつ逢ってもインターバルを感じさせない素敵な関係です。
セーラー服着て出逢ったのに、40歳になっちゃったんだもんなー!

先週末に、今年の秋フランスへ嫁ぐ友人に誘われディズニシーへ行って参りました。

私はあまり遊技場に行く事がないので、こちらに足を運んだのも22年ぶり。
その時はディズニーランドしかございませんでしたから、ディズニシーは初めてでございます。
梅雨時期にも関わらず、晴れましたよ!
暑すぎず、すっごく爽やか♪

朝イチでアグレッシブに乗り物を楽しみ
・乗り物弱い
・疲れやすい
・テンションの上下がない
青月さんでしたが、夢の国マジックで
とっぷり日が暮れるまで楽しみ
ポンチョ着てウカれる位まで、進化致しました。
うん。楽しかった。

「苦手だ〜」
と古い記憶や思い込みで拒否しているのは、大変勿体無い事なのですね。
年齢が変われば違う楽しみ方もあって、違う角度から見ることができる。
今まで苦手に思っていたことも、尻込みせずに挑戦してみたいな…と思った青月さんでした。


追記:
アネロン「ニスキャップ」
は、乗り物酔いが酷い方には強い味方です。
先月のイタリア旅行の際も長時間バス移動が大半だったのですが、朝食時に飲んでおけばマルっと一日乗り物酔いは致しませんでした。
乗り物酔いで悩まれている方、良かったらご検討を!


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM